人気ブログランキング |

TAKE IT EASY

nyc10019.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 14日

手向山八幡宮

季節は違いますが、菅原道真が「このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」と詠んだ手向山八幡宮です。


d0283492_17424094.jpg

d0283492_17430117.jpg



by jimmyny | 2018-02-14 17:45 | 奈良(Nara) | Comments(2)
Commented by izumi-suzuki at 2018-02-15 08:14
Thambar愛用なさっていますね。春めいてきた空気感を伝えるのには最適なレンズですよね。
日差しが暖かそうで、八幡様の境内ののどかさが心地よいですね。
本当は神道で元は同じなのだろうと思うのに、しめ縄って色々で、神社によって特色がありますね。由来も様々なんでしょうね。
奈良は街中に鹿がいますね。陽だまりに鹿の姿があるとほっこりします。
Commented by jimmyny at 2018-02-15 17:25
Thambarは春の日差しを上手くひろってくれます。絵作りという意味では強い味方です。

この手向山八幡宮は東大寺建立の際に宇佐八幡宮から東大寺の守護神として勧請されたとのこと、
宇佐八幡宮からの分社第一号とかウィキに記載があります。
名前
URL
削除用パスワード


<< 興福寺南円堂下      二月堂/ 修二会の準備始まる >>