人気ブログランキング |

TAKE IT EASY

nyc10019.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 09日

春日大社に東西塔ありき

春日大社(神社)に東西の2つの塔があったことはあまり知られてません。
現在の奈良国立博物館の南側に両塔跡が残ってます。

1116年に西塔が関白藤原忠実により建立され、1140年に東塔が鳥羽上皇により建立されたとのことです。いずれも現存する興福寺五重塔と同じくらいの高さだったとのことです。

ところが1180年に平清盛の命で平重衡が当時の抵抗勢力である南都一帯を焼き討ちされた際に消失しました。その後再建されたものの落雷で焼けたとのことです。

奈良には東大寺の東西七重塔、ここ春日大社の2つの五重塔、元興寺の五重塔それと興福寺の五重塔、三重塔がありました。(西の京や西大寺、大安寺はちょっと離れてます) 憎き平氏の焼き討ちが無くても多分落雷等で消失したでしょうが、すべての塔が揃う奈良の町を見てみたいと思います。ドラえもんのどこでもドアが欲しい。

という訳で今日の最初は”春日社寺曼荼羅(部分)奈良国立博物館”からの引用です。奥が東塔、手前が西塔。右下に春日社一の鳥居。
d0283492_17185362.jpg


次の2つのショットが現在の跡地です。最初が西塔の跡地。次が東塔の跡地です。
d0283492_17234728.jpg

d0283492_1724823.jpg


by jimmyny | 2016-12-09 00:00 | 奈良(Nara)


<< 空堀商店街 1      大阪のサンタさん >>