人気ブログランキング |

TAKE IT EASY

nyc10019.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 23日

元興寺塔跡

d0283492_22345858.jpg


d0283492_22352050.jpg


元興寺は南都七大寺の一つで、起源は蘇我馬子が飛鳥に建立した日本最古の本格的仏教寺院である
法興寺と言われ、奈良遷都に伴い今の奈良の地に移設されました。

8世紀からは東大寺、興福寺と並ぶ大伽藍の奈良の寺院として栄えたとのことですが、その後寺勢は
衰え、今は極楽坊本堂を中心とした小さなお寺となっています。

19世紀江戸末期に火災で焼失した五重塔は今は日本一高い東寺の五重塔より高かったようです。
ほぼ真北1Kmにある興福寺の五重塔と並んでそびえていた塔を是非見たかったものです。

この2つのショットはその五重塔跡の門屋と塔跡です。

by jimmyny | 2016-10-23 00:00 | 奈良(Nara) | Comments(2)
Commented by Y.W at 2016-10-23 21:07 x
このお寺さん、連れて行って下さったところですよね。(??)
現在まで残っている建物と、失われてしまった建物の差って、結局は時の運ですよね。火事の時の風の向きとか、その時期、どのお偉いさんが、その寺に関わっていたかとかいう、時世の風向きが決めたんですよね。。。

UPされてる写真は毎日拝見してますよ~。レスするかどうかは、これまたその日の気分の風向き次第ですが。 JimmyさんもUPするか否かは、その日のご自身の気持ちの風向き次第になさったらいかがですか?   まあ、継続は力なりという言葉もありますが。。。
Commented by jimmyny at 2016-10-24 08:46
Y.W.さん
奈良町をご一緒した際に行きましたよね。
最近ガイドで奈良の寺社の歴史を復習するのですが、戦や落雷等による火災で実に多くの建物が焼失しているのです。
南都7大寺のいずれも大伽藍を誇った奈良時代はどのような町だったのか、ドラえもんのどこでもドアがあれば行って
みたいものです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 奈良町にぎわいの家      早朝の東大寺参道 >>