人気ブログランキング |

TAKE IT EASY

nyc10019.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 03日

ナンジャモンジャの木

d0283492_14554712.jpg


d0283492_145661.jpg


白い花を咲かせる”ナンジャモンジャ” との変わった名前の木が興福寺域内、菩提院大御堂の境内
にあるとの情報をボランティア仲間に教えてもらい早速撮影に出かけました。

見事に白い花をつけることから、何じゃこれ!と名付けられたのでしょうか???

この御堂は三作石子詰めで有名です。江戸時代にこの御堂で書き方を教わっていた三作達の前に
鹿が現れ、習字の紙を食べたとか。(今も鹿が観光客に手渡したマップを時々食べます)
これに対して三作が文鎮を投げたところ当たり所が悪く鹿が死んでしまった、とか。

当時のきまりにより、三作は鹿とともにこの御堂の境内に埋められたとの、伝承があるようです。
この話や御堂については以下のURLに詳しいので、興味のある方は是非ご覧ください。
 http://www.geocities.jp/marebit/sansaku.html

by jimmyny | 2016-05-03 00:00 | Comments(2)
Commented by Desire at 2016-05-03 11:07 x
ナンジャモンジャっていう名前がふざけていて好きですね
奈良は新緑の季節ですね
連日夏日、昨日京都が31℃とNewsで聞いてびっくりしたのですが、写真を拝見して納得です(笑)
のんびり続けて行くことにしました
ありがとうございます
Commented by jimmyny at 2016-05-03 14:05
Desireさん
こんにちは。そうです、奈良も京都も新緑の初夏のような日和が続いてます。
私も、毎日の写真アップが負担になりつつあります(笑)が、地元の季節の変化をのんびりと
撮り続けることにしてます。
名前
URL
削除用パスワード


<< カフェテラス      元興寺・塔跡の散り桜 >>