TAKE IT EASY

nyc10019.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 18日

興福寺/ 再建中の中金堂

d0283492_21581148.jpg


興福寺の伽藍の中心となる中金堂は710年に創建された以来1717年まで7度の火災(被災)にあい、
そのたびに再建されたとのことです。

江戸期の7度目の被災の後、およそ100年後に何とか規模を縮小した仮金堂が再建されました。

今再建中の中金堂はこの仮金堂を2000年に解体し、2018年(2年後)の落慶を目指して再建されている
ものです。

このショットは昨年、再建工事中の内部の一般公開の折に建設足場から撮影した大屋根の一部です。
あと2年で完成するのが楽しみです。またさらには創建時の伽藍も復興するとの計画もあるようです。

東大寺でも大仏殿の両脇の八重塔の再建を計画中とのこと。中々難しいこともあるでしょうが、薬師寺の
伽藍復興のように奈良の各大寺の復興が楽しみです。

by jimmyny | 2016-04-18 00:00 | 奈良(Nara) | Comments(2)
Commented by ツダコージ at 2016-04-18 12:24 x
現代のレンズの写りですね。
αマウントの24-70/2.8を持っていますが、大きくて重くて・・・
Commented by jimmyny at 2016-04-18 21:08
ツダコージさん
このレンズコンパクトはフルサイズα7シリーズに付けるとF4にも関わらず結構デカくてヘヴィーです。
写りはおっしゃるように現代のレンズです。α7ボディーはレンズ遊び母艦と割り切っていたのですが、
純正レンズを一本くらい持っていても良いかと考えて格安の中古品を随分以前購入しました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 祇園界隈      都をどりの季節 >>