人気ブログランキング |

TAKE IT EASY

nyc10019.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 14日

大津祭 宵宮(3)

祭りを支える人たちです。

d0283492_15271271.jpg


d0283492_15282855.jpg


d0283492_15274187.jpg


by jimmyny | 2014-10-14 00:00 | Others | Comments(2)
Commented by izumi-suzuki at 2014-10-14 23:58
こんばんは。
大津祭って初めて知りました。 立派な曳山が出るのですね。 提灯が美しくて華やかで、いいお祭ですね。
「源氏山」とか「石橋山」とか「皇后山」とかは、曳山の屋号のようなものですか? 三社祭のお神輿などはは町ごとに町名をつけて競い合うので、 曳山の屋号は奥ゆかしくていいなぁと思いました。
子供たちの笑顔を支える、お祭りの助っ人さん達もなかなか忙しそうで、大変みたいですね。 きと、お祭り命!!で、皆さん準備してきているのですよね。 お祭りは、観光行事だけでなく、人の絆を深める大切な行事でもあるのですよね。

Noctiluxで夜の雑踏のスナップは、大変だったでしょう? でも苦労の甲斐ありの柔らかい描写で、宵宮の温もりが伝わってきます。
こういう暖かさ、結構好きです。
Commented by Jimmy at 2014-10-15 20:33 x
izumiさん
コメント有難うございます。励みになります。
私も昨年何かの記事で大津祭を知って本祭り(曳山が巡行される日)に行きました。ノクチで撮影したいこともあり、今年は宵宮に出かけました。
源氏山は紫式部の人形、皇后山は神功皇后、石橋山(しゃっきょうざん)は???です。ですから屋号じゃなくて曳山に載せる人形に名前が由来するようです。江戸時代はじめからの行事とのことです。ほんと伝統行事ですね。祇園祭のような酷暑じゃなく良い季節ですし、まだまだ人出も少ないホント良い祭りです。
ノクチはまだまだ使いこなせてません。いろんな機会に持ち出して薄いピントにも慣れて自分なりの撮り方を習得したいと思ってます。
そうそう、上京が近づいてきました。中目黒でのスナップを楽しみにしてます。
名前
URL
削除用パスワード


<< 奈良の町点描      大津祭 宵宮(2) >>