タグ:Fujinon XF 50mm/f2 ( 8 ) タグの人気記事


2017年 03月 23日

奈良の地酒

d0283492_18434178.jpg


清酒発祥の地、奈良には多くの地酒があります。

米どころ、水どころでないので、日本酒として全国的に有名な銘柄があまり無いのが残念です。

とは言え、私自身は日本酒よりワインやビールが好みなの上記発言は矛盾があります(ごめん)。

by jimmyny | 2017-03-23 18:47 | 奈良(Nara) | Comments(4)
2017年 03月 21日

餌やり

d0283492_22494479.jpg


鹿への餌やりって結構危険なんですよね。鹿だから熊のように致命的な傷を負うことはないのですが、
それでも冬場は餌が無くなるので鹿達も必死です。

そのような状況でこの男性は石のベンチに座り、普通に多くの鹿に持参の餌を与えてます。
私ならこうはいきません。

by jimmyny | 2017-03-21 22:52 | 奈良(Nara) | Comments(2)
2017年 03月 20日

聖武天皇稜

d0283492_21484323.jpg


我が家のすぐ近くに聖武天皇稜と光明皇后稜があります。

あまりに近すぎて歴史的な天皇・皇后の御陵だという意識はありません。

奈良時代の絶頂期を作り、またある意味奈良からの遷都を促したこの御代を身近で感じることが出来ます。

by jimmyny | 2017-03-20 21:52 | 奈良(Nara) | Comments(2)
2017年 03月 02日

祭りの後の二月堂

d0283492_2374954.jpg


d0283492_238670.jpg


今日は二月堂の修二会、お水取りにて外国人観光客相手の通訳のボランティアのお仕事を
してきました。

ボランティアスタッフは写真撮影禁止とのことで、お松明終了後の観光客の居なくなった
二月堂と裏参道を撮影しました。

本当は業に入られる練行衆の方々はお松明に先導されてお堂に入られ私が写真撮影した頃
は業の真っ最中なのですが。。 そんな思いで閑散とした裏参道を下り自宅に向かいました。

by jimmyny | 2017-03-02 23:13 | 奈良(Nara) | Comments(0)
2017年 03月 01日

Fujinon 50mmの描写

d0283492_1740271.jpg


新しいレンズを入手すると何時も夜のこの被写体を撮影してます。

このレンズも最近手に入れました。なかなかいい写りをします。

特に、女性の写真の右側のレンガの辺りの描写が気に入ってます。

by jimmyny | 2017-03-01 17:41 | 奈良(Nara) | Comments(6)
2017年 02月 27日

鹿の集団に襲われるの巻

d0283492_17401835.jpg


東大寺大仏殿裏の食堂跡で遠方の鹿の群れを撮影していた時のことです。

この日はたまたまここに来る前に近くのスーパーに立ち寄りちょっと買い物をしました。

手にはビニールの買い物袋が。それを遠方から見つけた数頭の鹿達が最初は並足でそれから全速力
でこちらに走って来ました。1頭や2頭ならなんとでもかわすのですが、集団で来られると大変で
す。慌ててこの場を逃げ出しました。

by jimmyny | 2017-02-27 17:50 | 奈良(Nara) | Comments(4)
2017年 02月 26日

晩冬の大仏殿裏

d0283492_23411396.jpg


23日に発売されたFujifilmの50mm/F2の試し撮りに大仏殿、二月堂界隈を歩きました。

FujiのXシリーズのF2レンズ、ライカでいえばSummicronでしょうか。同系列の35mmや
50mmのレンズ描写より多少地味目の印象を受けましたが、これから暫く使い込むつもり
です。

このショットの正面はおかっぱ桜です。50日後には綺麗な姿となります。

by jimmyny | 2017-02-26 00:00 | 奈良(Nara) | Comments(2)
2017年 02月 25日

お松明の竹増えている

d0283492_91115100.jpg


二月堂の下にお松明に使われる竹が準備されていることは先日の同様のショットでアップしました。
昨日行ってみたら竹が増えてました。さだまさしさんが寄贈された竹も3本見つけました。
(たくさんの竹の真ん中くらいにひらがなで「さだまさし」と書かれてます)

所属する観光ボランティア団体に奈良県から要請があり、修二会の期間に海外から来られる観光客を
二月堂に案内し行事の説明をする為に人を出すようにとのことです。自宅から近いこともあり、
私も期間中一日だけお手伝いすることにしました。今、修二会の行事の英語での説明を勉強中です。

by jimmyny | 2017-02-25 09:13 | 奈良(Nara) | Comments(2)